1400から1630過ぎまで ICF 春の講座のための Zoom でしゃべる。30分休憩は入ったが、2時間びっちりしゃべるとくたびれる。無事終ってほっとする。

 Delany, Letters From Amherst の2通め。1990年5月。劇画の Bread & Wine, 1999 に描かれた Dennis Rickett との出逢いと同棲の話。

Bread & Wine: An Erotic Tale of New York
Delany, Samuel R.
Fantagraphics Books
2013-07-19



 デニスはその後現在にいたるまでのパートナーとなるのだから、ディレーニィにとっての人生の転回点の一つでもある。あの劇画はこの手紙が「原作」だったのだ。ディレーニィがホームレスたちと日常的に交際していることもわかる。つまり、かれはホームレスを対等の存在、同じ世界に住む人間として、たとえば同僚の大学教授やオペラの演出家といった人びととまったく同等とみなしている。そういうことが可能なのは、やはり差別されてきたからだろうか。ひとつにはニューヨークの社会のホームレスへの態度が排他的ではないこともあるのかもしれない。駐車違反見回りを見張るためにデニスを雇っている人間もいる。デフォルトで排除しない。この点はわが国とは対照的だ。アマーストのマサチューセッツ大学の学生や教授たちの知的レベルの低さにうんざりし、滅入るのも、同じことの別の面だろう。手紙の最後に描かれた、ニューヨークの  The Whitney Museum のガイドの一人、若い白人女性の美術学生の見事なガイドぶりに感動するのもまた、同じことのさらに別の面だ。彼女はほとんどが黒人やヒスパニックの子どもたちに、展示されている絵の最も目立つ特徴を示し、そこからより目につきにくい要素へと導いて、絵の勘所とその見方を伝授している。しかも、この絵というのは20世紀アメリカの抽象画家 Willem de Koonig の "Women" のシリーズだ。子どもたちは夢中になって話を聴き、絵を見ている。その様子に、ここでこそ学びが働いているとディレーニィは感動し、涙を流す。自分には教師としては、ここまでは到底できないとも認める。
 
 これに関連するとも言えるが、デニスとアマーストからニューヨークにもどったある雨の日、ディレーニィはある交差点で歩道ぎりぎりに突込んできたヴァンに接触して、軽く飛ばされる。左下の肋骨に罅が入っただけだったが、危ない危ない。

 それにしても、ここでもやはりユーモアが底流にあって、この事故の話とか、デニスの足の臭さの描写とか、『ベオウルフ』を古英語で暗誦するしか能のない老教授の話とか、思わず笑ってしまう。ひょっとするとこのユーモア、ものごとを肯定的に表現する明るさはディレーニィの本質的なところなのかもしれない。


Letters from Amherst: Five Narrative Letters (English Edition)
Delany, Samuel R.
Wesleyan University Press
2019-06-04