クラン・コラ・ブログ(アイルランド音楽の森)

 アイリッシュ・ミュージックなどのケルトをはじめ、世界各地のルーツ音楽を愉しむブログです。そうした音楽の国内の音楽家も含みます。加えて主宰者の趣味のグレイトフル・デッド。サイエンス・フィクション、幻想文学などの話もあります。情報やメモ、ゴシップ、ただのおしゃべりなどもあります。リンク・フリーです。

タグ:ミュージック・プレーヤー

 Dock コネクタ問題であれこれ試していたときに気がついたことが一つ。ユニバーサル・ドックのヘッドフォン(イヤフォン)・ジャックからの音が良くありません。これも変更点の一つですが、ドックにさしたままでも iPod 側で音量をコントロールできます。そのせいかどうかわかりませんが、ここに刺して聞くよりも、直刺しの方が音がずっと生き生きしています。これまでは文句なくドックのラインアウトからの音の方がよかったので、ちょっと意外です。

 それにしても iPod touch 2G の音は良いです。サウンド・ステージは広いし、奥行もあります。低音不足という声もありますが、「重低音」を求めるのでないかぎり、不足とは思えません。リトル・フィートのライヴ《レイト・ナイト・トラック・ストップ》やムーンライダーズの《アンソロジー 1976-1996》などを聴くかぎり、コントロールのきいた良い低音です。クレタの Stelios Petrakis《ORION》のタイトル曲はアラブ系の大型の片面太鼓が何枚(?)も活躍しますが、この低音もリアリティたっぷりに聴かせます。低音は羽毛のように軽いものがベスト。それに、これだけ高域の抜けがよいのは、低域が締まっているからのはず。

 総合的には、たとえばこれまでの iPod touch に Go-Vibe Petite を付けたときの音の9割ぐらい、ひっとするとそれ以上のクオリティではないかな。まったく同じ、というわけにはいきませんが、ここまでの音なら、わざわざよけいなものをくっつけることがマイナスになってきます。iTouch 2 自体も第一世代よりさらに薄くなっていますし。手もとの DOCK STAAR 製 DS-AUGpt を iPod touch 2G(以下 iTouch 2)対応してもらえることになったので、それでこれがどう変わるか。(ゆ)

 やはり、従来のラインアウト・ケーブルでは対応していないんですね。iPhone と同じらしい。ALO Jumbo Cryo Dock も対応していないよ、とサイトに出ていました。

 つい先日からメインで使っていたのは DOCK STAAR. さんの DS-AUGpt で、これも従来タイプ。ひじょうに気に入っていたので残念。まだ、買ったばかりなので、コネクタ交換とかで対応してもらえませんかねえ。

 んで、やむなく、直刺しの音はどうだろうと聞いてみて、いや、ちょっとびっくりしました。明らかに音が良くなってます。もともと iPod は新製品が出るたびに音が良くなってきてましたが、今回はみごと。アンプを付ければもちろん違いはありますが、これまでのように、一度アンプを通した音を聞いてしまうとはずせなくなってしまうというのではありません。直刺しでも充分勝負できる。というより、音楽をきくのが楽しくなる音です、これは。少なくともぼくが聞いているような、アコースティックな楽器が多い、比較的小編成で、音をいじらないタイプの音楽は聞いていて楽しい。意識しなくても音楽に引きこまれます。

 ワールド系はアコースティックでも、ノイズ成分が重要な働きをする楽器がたくさんありますが、そういうものもちゃんと聞かせてくれます。ヴォーカルや弦楽器のふくらみもボディがしっかりして、艶があります。ついこないだ来日したフィンランドのハーモニカ・カルテット、スヴェングのリーダー、ヨーコ・クッハラのソロ《SAALAS》の4曲目〈Rakkolevää = Bladder Wrack〉は、ドラムスとダブル・ベースのリズム・セクションを背に、ハーモニカとフィドルが丁々発止とやりあう名曲ですが、この後半、フィドルが比較的低音で響きもたっぷりにうたうところ、惚れ惚れしました。余談ですが、このヨーコ先生のソロは、スヴェングとは別の角度からハーモニカの可能性を追求していて、共演者もすばらしく、傑作です。

 これは Apple Losssless で聴いてますが、MP3 などの圧縮音源でも音楽を聞く喜びは変りません。

 直刺しがこれだけ質が高くなると、アンプ・メーカーもおちおちしてられませんね。生半可なものでは、通しても違いがわからなくなるんじゃないかな。Go-Vibe Petite と Magnum はさすがにちゃんと違いがあります。やはり、見通しが良くなって、どんなに音が重なっても崩れません。ミニ・ミニ・ケーブルでヘッドフォン・ジャックからとっての試聴です。

 えーと、一応 MacBook からの転送は iPod touch 2G 付属のケーブルで、iPod はレゾナンス・チップの板版、RS-SQUARE に載せてやりました。この転送法についてはこちら

 CDからの取込ですが、これは iTunes 8 で解決してしまいました。詳しくはこちらをご覧ください。ぼくは今は単純に AIFF で取り込んで聞き、長期保存は原則 Apple Lossless にしています。

 MacBook 上の iTunes 8 での再生も、上記のサイトにある方法でやると、もう他に何も要らない。

 ALO の新製品を買う手もあるんですが、DOCK STAAR. さんに散財してしまった(^_-)ので、当面は直刺しで楽しむことにします。こうなると、アンプよりもこんど Apple が出す In-Ear Headphones が気になります。当然、iPod 用に調整してあるはずだし。(ゆ)

 なんということか。ふつうの Dock コネクタでは音がとれません。iPod touch 2G 32GB が昨日到着。早速セットアップして、DS-AUGpt で Go-Vibe Petite につなぎ、さあ聞こうとしたら、音が内蔵スピーカーから出てきます。

 いろいろやってみましたが、ユニバーサル・ドックにさしこむと内蔵スピーカーから iPod 底部の Dock コネクタに出力が切りかわり、後ろのヘッドフォン・ジャックからは音がとれます。ただし、その隣にある Dock コネクタに接続コードをつないでも、やはり音は出ません。

 これでは iPod touch 2G ではポータブルヘッドホンアンプが使えないじゃないか。

 ざっと検索したかぎりでは、このことはどこにも出ていません。これはわが家の個体だけの現象なのでしょうか。

 今は時間の余裕がないので、とりあえず第一報。(ゆ)

 iTunes 8 のブラウザで、ジャンル表示や iTunes Store へのリンクを消すオプションが、「環境設定」から消えてしまった件にいらついた人はやはりたくさんいたようで、この表示を消す専用のソフトも出てきました。

 これらのソフトは昨日書いたターミナルを使う方法を簡単にできるようにしたラッピング・ソフトで、実際に動作しているのはターミナルです。ターミナルを使うのが面倒、こわい、という方はこちらをどうぞ。

 これを使うと、ジャンル表示とストアへのリンクが両方とも消えます。消すだけで、復帰するためには、ターミナルを使う必要があります。

 My Tunes

 こちらは消せるのはストアへのリンクだけですが、再表示もできます。

 iTunes Store Link Deleter


と思ったら、全部まとめて面倒見ましょう、というパッチを作ってリリースしてくれた方がいました。

 Tune-up iTunes 8

 ただ、ジャンル表示などを消せるだけでなく、他にもいろいろ便利な機能がついています。
iTunes 7.7.1 から、iTunes 以外のソフトでとりこんだ AIFF ファイルをまともに扱えなくなっているのもなんとかなりませんか、Nihondo さん。LAME で取りこんだ MP3 ファイルはすんなり通るのに、ターミナルでコピーする形で取りこんだ AIFF はダメというのは、ひどい。

 これは iTunes 自体にパッチを当てるようなので、万一のためにオリジナルの iTunes またはそのディスク・イメージのバックアップはお忘れなく。iTunes のディスク・イメージはアップルのサイトからダウンロードできます。

 Apple のソフトは新しいものが出ると古いものは消えてしまうので、ダウン・グレードするためにも、ソフトウエア・アップデートからだけでなく、ディスク・イメージをダウンロードしておくことをお薦めします。


 Apple としてはストアへのリンク矢印を小さくして、選択しているトラックだけにすれば気にする人は多くない、と期待したのでしょうが、どんなに小さくともウザイものはウザイ、ということはどうやら忘れていたらしい。

 ジャンル表示を消せなくしたのはなぜなのか、ちょっと見当がつきません。グリッド表示との関連なのかな。(ゆ)

Thanx! > 新しもの好きのダウンロード

 アップルのディスカッション・ボードからのヒントで、「ブラウザ」から「ジャンル」を消す方法がわかりました。

 もとの記事はこちら

 ターミナルを使います。

1. iTunes を終了。
2. ターミナルを起動(「アプリケーション」>「ユーティリティ」)
3. このコマンドを打ちこむ。コピペで大丈夫です。次のコマンドが2行に別れているように見えても、1行につないでコピー&ペーストしてください。

defaults write com.apple.iTunes show-genre-when-browsing -bool FALSE

4. ターミナル内のカーソルが次行の頭に来るので、リターン・キーを押してプロンプト(デフォルトでは "[ユーザ名]$" で終わる文字列)を表示。
5. iTunes を起動。

 元にもどしたいときは、同じくターミナルで、"FALSE" を "TRUE" に変えてコマンドを打ちこみます。


 ついでに、iTunes Store へのリンク(矢印)の表示を消す方法も書いておきます。
同じくターミナルで、次のコマンドを打ちこんでください。

defaults write com.apple.iTunes show-store-arrow-links -bool FALSE


 この記事はこちら

 なお、コマンドを打ちこむときには、その前に必ず iTunes を終了しておくことをお忘れなく。
また、結果は自己責任ということでよしなに。
万一に備えて、サウンド・ファイル、iTunes ライブラリ、iTunes そのもののバックアップはとっておきましょう。(ゆ)

がリリースされましたが、案の定、妙な肥大化が行われて、使い勝手は悪くなっています。

 一番こまるのは、ブラウザのリスト表示で上部にしめされる「ジャンル」を消すオプションがなくなったこと。ジャンル分けなど使わない小生にとっては邪魔なだけ。しかし、これは場所を移動することも、幅を変更することもできない、完全な固定です。

 "Genius" 機能や、iTunes Store へのリンクが曲ごとに表示されるのは、iTunes Store での売上げ増をねらったもの、としか思えません。まったく不要。

 iTunes Store の売上を増やしたかったら、まずファイル・タイプを増やし、Apple Lossless 以上の音質の曲を販売することと、販売曲目の充実が第一のはず。

 iTunes 以外のソフトでとりこんだ AIFF ファイルが扱えないのも治っていません。他社製のソフトで取りこんだものが使えないとすればまだ理解できますが、デフォルトで備わっている「ターミナル」で、Copy コマンドで取りこんだ AIFF ファイルが扱えないのは、理解不能です。

 再生音質はまだ検証していませんが、この分では変化がなかったならば万々歳、というところでしょう。

 やはり競争相手がないと、Apple といえども堕落するのはいたしかたないこと。今のところ Songbird に期待するしかありませんね。(ゆ)

 これもモジラのスピンアウトらしいですが、マルチ・プラットフォームでフリーのミュージック・プレーヤー Songbird が開発されてます。

 プレイリストやアルバム・アートもサポートする本格的なプレーヤーですが、まだ Ver. 0.7 で、リッピングもできません。CDそのものが、再生できません(爆)。メタデータの編集もなし。まあ、元もと、ネット上にある音源を再生するために作られたらしく、むしろ、音楽再生に特化したブラウザ、というべきかな。

 最新版を試してみましたが、んー、Mac OS Xで使うにはまだですね。最大の欠点は AIFF ファイルが扱えないこと。また、全体の表示も Firefox 2 の段階です。

 音質はまずまず。Apple Lossless の再生ですが、Cog とタメを張ります。いろいろな機能をプラグインやアドオンで実現しているので、今後機能が充実していっても、iTunes のように音質が犠牲になることはないのではないかと期待。いつになるかはまだ判りませんが、ゆくゆくは iTunes の向こうを張って、アマゾン等との連携やダウンロード販売ストアも展開する予定出そうです。

 いずれにしても、こういうフリーのソフトがあることは、選択肢ができてたいへんありがたい。ぜひぜひ地道に開発をつづけて頂きたい。今後の展開も見まもるつもり。だいたい2ヵ月に一度、アップデートしているようで、つぎは10月。この辺で AIFF やCDを扱えるようになる可能性もあるようです。(ゆ)

このページのトップヘ