クラン・コラ・ブログ(アイルランド音楽の森)

 アイリッシュ・ミュージックなどのケルトをはじめ、世界各地のルーツ音楽を愉しむブログです。そうした音楽の国内の音楽家も含みます。加えて主宰者の趣味のグレイトフル・デッド。サイエンス・フィクション、幻想文学などの話もあります。情報やメモ、ゴシップ、ただのおしゃべりなどもあります。リンク・フリーです。

タグ:メディア

06月29日・水
 推理作協会報。出しているのが電子書籍のみの作家から入会の問合せがあって、入れるかどうか、理事会で迷っているらしい。商業出版なのか、見分けがつかないから、資格がないんじゃないかとか言う人がいるそうな。何を世迷い言を言っているのか。これからは電子がデフォルトなので、紙の出版は贅沢品になる。最低でもオプションないしオンデマンドだ。発行元だってどんどん作れる。要は中身なので、メディアのタイプや、発行元の形式はどうでもよくなる。

 これからのマンガ家は専業で出版社から出すのは減って、好きなときに好きなように描いて、オンラインで出す、というのが主流になるだろうと、友人の編集者が言っていた。小説も同じだろう。

 英語圏では、いかに自己出版に負けないタイトルを出すか、既存の出版社は必死になっている。SFWA は電子出版のみの書き手だけではなく、ゲームやグラフィック・ノヴェルのライターたちにまで門戸を開いている。今年はとうとう名前から America を削った。英語で出していれば、世界中どこにいても会員の資格はあることになる。推理作協も日本語で書いていれば、形式にとらわれず、地球上に限らずどこにいる人間でも受け入れないと、ガラパゴスになるぞ。


%本日のグレイトフル・デッド
 06月29日には1969年から1992年まで7本のショウをしている。公式リリースは1本。

1. 1969 The Barn, Rio Nido, CA
 日曜日。サンタ・ローザでの二晩に続いて、同じメンツでのコンサートで、ポスターも同じ。
 リオ・ニドはサンタ・ローザから直線距離にして北東に20キロほどの、ロシア川という川沿いに少し山の中に入ったところの村。ソノマ郡の北東の隅。ヴェニューは相当に小さなところらしい。Lost Live Dead のブログの記事によれば、前2日に参加した The Cleanliness and Godliness Skiffle Band のハーモニカ奏者の記憶では、サンタ・ローザでのギグの後、バークリーまで車で戻った。だから、この日のギグはキャンセルされた可能性もある、という。
 一方で、リオ・ニドのヴェニューのサイズからすれば、そんなにたくさんの出演者がいては元がとれるはずもなく、デッドだけで演った可能性も否定できない。

2. 1973 Universal Amphitheatre, Universal City, CA
 金曜日。このヴェニュー3日連続のランの初日。
 ここも屋根がなく、終演時刻厳守になっていた。23時きっかりに終ったそうな。

3. 1976  Auditorium Theatre, Chicago, IL
 火曜日。このヴェニュー4日連続のランの楽日。8.50ドル。開演7時半。
 第二部4曲目〈The Wheel〉が《So Many Roads》でリリースされた。
 ドナの入ったコーラスは実に美味しい。ガルシアもウィアも愉しそうに歌う。歌の後がゆるいジャム、集団即興になるのはこの曲では珍しい。ガルシアが〈The Other One〉のリフをほおりこむ。が、誰もついてこないので、元のゆるい、ぽろんぽろんのギターに戻る。どこに中心があるのかわからないが、何とも美味しい。ああ、いい湯だ。3分の2ほどのところで、少しテンポが上がって、引き締まる。こりゃあ、すばらしい。これぞ、デッド。《So Many Roads》ではフェイドアウト。この後は〈Playing In The Band〉の戻りになる。ぜひ、全体をきちんと出して欲しい。
 これで復帰直後からの東部・中部ツアーが終り。10日ほど休んで、サンフランシスコで6本のレジデンス公演をする。

4. 1980 Pauley Pavilion, University of California, Los Angeles, CA
 日曜日。
 第二部半ば drums からクローザー〈Sugar Magnolia〉までリー・オスカーがハーモニカで参加。
 良いショウの由。

5. 1984 Blossom Music Center, Cuyahoga Falls, OH
 金曜日。13ドル。開演8時。
 この夏中、追っかけをしたファンのお気に入りのショウになるくらい良い。

6. 1986 Alpine Valley Music Theatre, East Troy, WI
 日曜日。このヴェニュー2日連続の2日目。開場2時半、開演4時。
 非常に良いショウらしい。

7. 1992 Deer Creek Music Center, Noblesville, IN
 月曜日。このヴェニュー2日連続の2日目。開演7時。
 ヴェニューは1989年にオープンしたインディアナポリスとその周辺最大の屋外コンサート会場。屋根付き6,000席、芝生18,000席。この名前はオープン当時で、2001年に Verizon Wireless Music Center、2012年から Klipsch Music Center。主に音楽イベントに使われ、単独のコンサートだけでなく、各種フェスティヴァルの会場にもなっている。
 デッドはオープン直後から1995年まで毎年ここでショウをしている。計14本。(ゆ)

    京都の三月書房のメルマガにこんな一節。

景気底打ちとか、回復のきざしとか、いいかげんな報道がちらほら
みられるようになってきました。政府とかマスコミとかは、嘘であ
っても景気のよいことを言いふらす必要があることは、わからない
でもありませんが、実体経済はあいかわらずたんたんと悪化しつつ
あるようです。むしろ、いままでが恐慌のほんの序の口で、ほんと
うのどん底はこれからだと考えておいても間違いないでしょう。

    まったく同感だが、あの嘘っぱち報道はいったい誰に向けたものなのだろう。今さら、こんなことを言われても信じる人間はだまされたくてしかたがない人以外いないだろうし、そういう人はそもそもこんな報道を必要とはしまい。誰も信じないとわかっていることでも、事実であるふりをして報道することをくり返すことで、報道している本人も含めて皆信じるようになり、みんなで信じればそれは事実になる。畢竟それがマスメディア也。と、それはそうであろうが、それでは結局砂上の楼閣、蜃気楼というのはこちらがまだまだお人好しなのだな、きっと。マスメディアにとって砂上楼閣、蜃気楼こそが世を動かす「暗黒エネルギー」なのだ。「ケイシー・アゴニステス」に始まるリチャード・マッケナ中短編はこのテーマを執拗に追求したものではあった。今もう一度読みなおせば、あらたに学ぶことがあるか。

    小田光雄氏の「出版状況クロニクル13」にこんな一節。


この2人の著者は引用文からわかるように、書くこと、出版することによって、読まれていくことに対する強い信念がある。作者と出版社と読者の共同体がまだ確固として存在しているのだ。おそらくイタリアにはまだコルシカ書店のようなトポスが根づいているだろうし、それはスウェーデンでも同様なのではないだろうか。それでなければ、ネットの全盛時代を迎えているにもかかわらず、2人の著者があくまで紙の本という形式に熱く執着し、刊行に至った事情と経緯が理解できないであろう。それに2人の著書が秘めているエネルギーは、紙の本によってのみ十全に感応できるように思われる。
しかし日本では『死都ゴモラ』はまったく話題にもならず、『ミレニアム』の2冊も何とか重版にこぎつけたところのようだ。それはイタリアやスウェーデンにはまだ読者の共同体が存続していることに比べ、日本ではすでに崩壊しているからではないだろうか。『ミレニアム』と『死都ゴモラ』の欧米でのベストセラー化と、日本の相変わらずの血液型などのベストセラー現象を対比させると、不遜を承知で言えば、本当に日本は文化先進国どころか、読書後進国だと思わざるを得ない。


    小田氏は出版からしか見ておらず、ここには使用言語の特性がからんでいることには気付いていない。
   
    インド・ヨーロッパ語族では、文章は読まれなければならない。表音文字による表現は、印刷されている(書かれている)記号をすべて読まなければ、内容は把握できないのだ。上記部分に先立つ、『ミレニアム』や『死都ゴモラ』からの引用部分が表すものは、だから、「紙の本」にたいする執着ではなく、「書く」行為、書きことばというメディアへの執着と信頼なのである。
   
    日本語は「読む」必要はない。漢字とかなの混在する文章は、すべての文字を忠実に読まなくとも、内容を把握できる。漢字とかなの塊をぼんやりと「ながめる」だけで、だいたいの内容は把握できる。マンガないしコミック、いわゆるストーリー漫画はこの性質から生まれたものであり、この性質を徹底的に展開応用しているものであることは、今さらここで強調するまでもなかろう。
   
    したがって日本語のネイティヴは書かれたことばに対する執着はごく薄い。ほとんど無いといってもよかろう。
   
    おそらく日本語の書きことばはこれからイメージ記号化がさらに進むだろう。単純化していえば、すべての書きことばはコミックになる。絵文字やそれに類する記号群が開発され、普及する。「常用絵文字表」も制定される。従来おこなわれてきたような文章の使用はごく限られたものになる。あるいは英語で書かれるようになる。
   
    これは良い悪いの話ではない。日本語の書きことば、漢字かな混淆文という形式を発明したときに定められた方向性であり、逃れることはできない必然の結果だ。録音メディアが、デジタル化したときにパッケージからの離脱が定められたのと同じだ。ただ、ことばの方が展開に時間がかかるだけのことだ。
   
    つまりはマンガ、コミックの誕生は日本語の書きことば発展のうえで当然出現するひとつのステップであり、だからこそ、この「出版状況クロニクル」でも指摘されているように、戦後日本の出版業界、出版社、取次、書店を支えてきたのだ。マンガ、コミックは「鬼っ子」ではない、日本語書きことばの正嫡なのだ。

    もう一度上記引用にもどれば、日本語にとって「読書」とはマンガ、コミックを「読む」ことであり、今後、ますますその傾向は強まる。それが意味するもうひとつの傾向は紙媒体からの離陸だ。録音メディアがパッケージから離陸したように、書きことばは紙から解放される。そのことは紙媒体の消滅を直接意味しないが、従来のように紙がことばを支配することはなくなる。
   
    さらには、ひょっとすると、ことばは文字の支配をも脱するかもしれない。まだ妄想に近いが、日本語書きことばの「絵文字化」が極限まで進行すれば、可能性は無いとはいえない。
   
    出版が紙に書かれたことばの複製、配給のシステムを意味するなら、紙媒体による書きことばの独占が崩れている以上、そして出版業界のビジネス・モデルがその独占を前提にしている以上、従来型の出版産業はすでに崩壊している。今あるのは惰性で進んでいる船だ。
   
    したがってアジアへ進出しても、出版業に未来はない。そこでは日本以上にことばの紙媒体からの離脱が進んでいる。紙による出版業が遅れていた分、紙からの離脱は早い。従来はテクノロジーの後進地域が、技術爆発で先進国を跳びこしてしまうのはここでも同じだ。アジアの電話網は電信柱を延々と立てるのではなく、衛星を使って構築されている。
   
    この観察があたっているとして、さて、ではどうすれば、紙から離脱したことばによって収入を得るか。

    ひとつのヒントはアプリ内課金が可能になった iPhone アプリかもしれない。

 ふいー、今月の情報号を今日の正午に配信しました。未着の方はご一報を。

 情報が多すぎて、編集にも時間がかかり、「まぐまぐ!」で「本文が長すぎます」と蹴られては削っては繰り返し試すことが毎回。もう少し整理しなくてはいけないんでしょうが、一度載せるとなかなか削れません。

 とはいえ、載せたくて載せられない情報も結構出るようになってきたので、記述の形を変えることは考えねばならないでしょう。現在は日付と場所に、ものによってプラス・アルファの情報を加えていますが、ミュージシャンのウェブ・サイトへのリンクと、変更や追加があった旨を添える形にすることを検討中。

 情報だけだと、編集していても味気なくて、もう少し、なんつうか、おしゃべりの部分も増やしたい。

 その一方で、今の時代にメルマガというメディアがどこまで役に立つのか、あるいは存在意義があるのか、疑問も無きにしもあらず。まあ、10年まではつづけるつもりですが、その後はどうかなあ。

 とはいえ、ありがたいことに、千人からの受信者がいるメディアを、ある日ばっさりというのもどうかとは思うので、代わりになるものがあるのか、探してはいます。

 もっとも、性格からして、おつきあいいただける方々がいるかぎり、だらだらとつづけるかもしれません。


 話は変わりますが、アメリカ大統領選の民主党候補はどちらもアイルランドの血を引いているそうですが、特に副大統領候補のバイデン氏のご先祖は〈大飢饉〉を逃れてメイヨーからわたった一家だそうな。ひいおばあさんは、近所でただ一人アイルランド語が読み書きできたので、手紙の代読代筆を一手に引きうけていた由。

 ご本人が育ったのは全米でも最もアイリッシュの比率が高い都市のひとつペンシルヴェニア州スクラントンで、そこのアイリッシュ社会はカトリック教会を中心にした厳しい雰囲気のものだったようです。親族にも聖職者がぞろぞろいた。同じアイリッシュ系移民の社会でも、のちに移ったデラウェアのものはまたまったく違ったものでした。

 バイデン氏のヒーローは1798年反乱の中心人物ウルフ・トーンだそうで、自分はカトリックのアイルランド人だと思っているとのこと。

 1985年に雑誌 Irihs America に載ったインタヴューが Irish Voice のウェブ・サイトに再録されてます。

 例によって一日遅れで、月初めの情報号は明日配信します。

 しかしまあ、iPhone は騒がれすぎじゃないかなあ。あたしみたいな新しもの好きやマック・フリークが騒ぐのはわかるけど、一般紙までがあんなでかでかと取りあげるようなことでもないとおもふ。ただでさえ、活字のサイズを大きくして、情報量が減っているんだから、何を載せるか、もっと厳しく判断すべし。

 いや、新聞にはしっかり生き残ってもらいたいのです。(ゆ)

が立ちあがり、ブログが始まっています。

 これは今回の問題そのものについての議論は別にして、

「企業に比べて経済面で圧倒的に脆弱なフリージャーナリストを、主旨に賛同する方々からのカンパによってバックアップすることを第一の目的としています(つまり、「フェアな勝負」を可能にする土俵を経済面から整えることが目的」

としているそうです。

 将来的には、同じような状況にさらされた個人を経済的に支援する活動に発展する可能性もあるとのこと。

 編集部もこの趣旨には全面的に賛成です。ぜひ、ご一読を。(ゆ)

 明日ですが、14:00から、東京・新宿、ロフト・プラス・ワンで、オリコン訴訟問題について、当事者が出席してのイベントがあるそうです。場所など詳しくはこちら
(下の Day Time Schedule)

   *   *   *   *   *

「オリコンの訴訟テロによる批判封じについて」
【出演】烏賀陽弘道、三宅勝久(ジャーナリスト)、揖斐憲(「サイゾー」編集長)、岩本太郎(ジャーナリスト)、他
Open 13:00/Start 14:00
¥1000(飲食代別)

 個人ジャーナリストへの超高額損害賠償訴訟の件で、オリコンがプレス・リリースを出しています。

 この記事にはトラックバックがつけられますが、最新の5件しか表示されません。
 この件について検証した記事がこちら

 まさに墓穴を掘って、ドツボにはまるというやつですな。

このページのトップヘ