クラン・コラ・ブログ(アイルランド音楽の森)

 アイリッシュ・ミュージックなどのケルトをはじめ、世界各地のルーツ音楽を愉しむブログです。そうした音楽の国内の音楽家も含みます。加えて主宰者の趣味のグレイトフル・デッド。サイエンス・フィクション、幻想文学などの話もあります。情報やメモ、ゴシップ、ただのおしゃべりなどもあります。リンク・フリーです。

タグ:19世紀

09月04日・日
 ジャン・パウル『気球乗りジャノッツォ』を読む。うん十年前に買ったまま積読になっていた。読む時がようやく満ちたのだ。と思うことにしている。

 ローマ生まれのいたずら者の毒舌家ジャノッツォが気球に乗ってドイツの上を遊覧し、アルプスの手前で雷に打たれて墜落、死ぬ2週間の「航行日誌」。本文140ページの、長さから言えばノヴェラになる。パウルの作品としては短かい方だ。

 この本の成立は少々変わっている。パウルは畢生の大作『巨人』を1800年から4分冊で刊行する際、その各巻に付録を付ける。読者サーヴィスでもあり、また本篇では抑制した(ほんとかよ)脱線癖を発揮するためでもあった。その第二巻に付けられた二つの付録の片方がこの作品。もう片方は当時の文学、哲学への批判と、自作への批評に対する反駁のエッセイ。ということはこの小説と同じコインの片面をなすのだろう。

 1783年モンゴルフィエが気球で初めて上昇に成功。2年後の1785年、ブランシャールが気球で英仏海峡横断に成功。という時代。気球で旅をする話はこれが初めてではないが、気球によって地表の上を旅することがリアリティをもって書かれたのはおそらく初めてではないか。サイエンス・フィクションの歴史でジャン・パウルの名は見た覚えがないけれど、ここにはほとんどサイエンス・フィクションと呼べるシーンや叙述も出てくる。

 原題をまんま訳すと『気球船乗りジャノッツォの渡航日誌』。人が空を飛ぶのは始まったばかりで、それに関する用語はまだない。したがってパウルは気球を空飛ぶ船に見立てて、航海術の用語を使い、シャレもそれに従っている。そこで訳者は「気球船」と訳す。

 宇宙空間を飛ぶのをやはり我々は船が進むのに見立てている。実際は地表の上を飛ぶのとは違い、完全に三次元の動きになるから、新しい用語や表現が必要になるはずだ。たとえば、右舷、左舷だけでは足らなくなる。斜め45度への移動を呼ぶ用語も作らねばならない。航空術ではすでにあるのか。しかし惑星表面では惑星の重力が働くから上昇下降ですむが、上下のない宇宙空間の移動はまた別の話だ。

 閑話休題。ここではまだ空を飛ぶことすら新しい。城壁に囲まれた市街地に降りても、住人は相手が空から降りてきたことを理解できず、どの門から入ったのかと執拗に問いただしたりする。上空から見る、俯瞰するのは、当時大部分の人間にとってはまだ神の視点、目線だったはずだ。その作用を利用してもいる。ジャノッツォは神ではないが、有象無象でもない。一段上の存在になりうる。そうして上から見ることで見えてくる人間のばかばかしさを、ジャノッツォの口を借りて、パウルは縦横無尽に切りきざみ、叩きつぶす。

 「陽気なヴッツ先生」も同じだが、パウルの批判、嘲笑、痛罵には、自分もその対象に含んでいるところがある。ジャノッツォが怒りくるっているのは相手だけでなく、そういうやつらと否応なく関らねばならない自分にも怒っている。ように見える。絵を見ている自分もその絵に含まれるエッシャーの絵のような具合だ。高みにあって、地上からは一度切れた快感とともに、その地上にやはりつながれていることを自覚してもいる。自分だけは違う、などとは思わない。ジャン・ジャック・ルソーに心酔し、フランス語風に Jean Paul と名乗りながら、「ジャン・ポール」ではなく、ジャン・パウルと仏独混合読みされてきた、そう読ませるものが、その作品にある気がする。そしてそこが、自分のことは棚に上げてしまう凡俗とは一線を画して、パウルの批判、嘲笑、痛罵をより痛烈に、切実にしている。確かに直接の対象である同時代、18世紀末から19世紀初めのドイツの事情そのものはわからなくなっていても、パウルが剔抉している欠陥自体は時空を超えて、21世紀最初の四半世紀にも通底する。どころか、むしろますますひどくなってはいないか。ネット上でグローバルにつながりながら、一人ひとりは、昔ながらの、それこそ18世紀以来のローカルな狭い価値観にしがみつく俗物根性の塊のままではないか。

 ここにはまた地上では絶対に見られない美しさもある。第十一航。オークニーの南にいる、というのだから、いつの間にかここでは北海の上に出ているらしい。その海と空のあわいにあって、ジャノッツォの目に映る光景は、訳者も言うように一篇の散文詩だ。同時代のゲーテと違って、パウルは詩作はしなかったらしいが、散文による詩と呼べる文章は他にもいくつもある。こういう光景を想像でき、そしてそれを文章で表現することを開拓しているのだ、この人は。

  解説で訳者が指摘している著者の話術の効果として3番目の、語る者と語られるものの関係を多重化することで、作品世界とそこで起きていることにリアリティを与える、小説世界の独立性を確保することは、その後の小説の展開を先取りしているし、現代的ですらある。

 ゲーテの古典主義とは袂を別ち、ロマン派の先駆とみなされるのも当然と思われるあふれるばかりの想像力を備え、嵐のような譬喩を連ねて、時にはほとんどシュールレアリスムと呼びたくなるところまで行く。こういうのを読むと、ドイツ語もやっときゃよかった、と後悔する。

 とまれ、ジャン・パウルは読まねばならない。ドイツ文学史上の最も独創的なユーモア長篇作家、と訳者は呼ぶ。

ジャン・パウル『気球乗りジャノッツォ』古見日嘉=訳, 現代思潮社/古典文庫10, 1967-10, 170pp.


%本日のグレイトフル・デッド
 09月04日には1966年から1991年まで6本のショウをしている。公式リリースは1本。

1. 1966 Fillmore Auditorium, San Francisco, CA
 日曜日。3ドル?。チラシには「月曜夜の入場料はすべて3ドル」とあり、その前の週末の入場料は別のように見える。が、そちらの料金はどこにもない。前売料金無し。ちなみにこの前の金・土はジェファーソン・エアプレインがヘッドライナー。後の月曜日は Martha & the Vandellas がヘッドライナー。
 クィックシルヴァー・メッセンジャー・サーヴィス、カントリー・ジョー&ザ・フィッシュ共演。セット・リスト不明。
 デッドにとってこのヴェニューでの初のヘッドライナー。
 Martha & the Vandellas は1957年にデトロイトで結成された黒人女性コーラス・トリオ。1960年代、モータウンの Gordy レーベルから一連のヒットを出した。1967年以降は Martha Reeves & The Vandellas と名乗る。1972年解散。

2. 1967 Dance Hall, Rio Nido, CA
 月曜日。このヴェニュー2日連続の2日目。セット・リスト不明。

3. 1979 Madison Square Garden, New York , NY
 木曜日。このヴェニュー3日連続のランの初日。11ドル。開演7時半。
 これも良いショウだそうだ。

4. 1980 Providence Civic Center, Providence, RI
 木曜日。
 第二部3曲目〈Supplication Jam〉からアンコール〈U.S. Blues〉までの10曲が《Download Series, Vol. 07》でリリースされた。

5. 1983 Park West Ski Area, Park City, UT
 日曜日。
 紫の煙をたなびかせながらパラシュートで会場に降りた男がいたそうな。
 ショウは見事。

6. 1991 Richfield Coliseum, Richfield, OH
 水曜日。このヴェニュー3日連続のランの初日。開演7時半。08月18日以来、夏休み明けのショウ。
 平均より上の出来の由。(ゆ)

7月24日・土
 
 7月23日が Ulysses S. Grant の命日とのことで、Washington Post Book Club でグラントの回想録をとりあげている。ウェスト・ポイントの教授による注釈入りのものが出ていたので注文。士官学校時代に読んだ小説まで掘り出しているらしい。ハードカヴァーしかなく、1,100ページ超。

 この回想録はマーク・トウェインが出版して当時大ベストセラーになったが、それにはちゃんとワケがあり、トウェインはグラントの回想録を不見転で、Hail Mary として買ってから、全国的な販売キャンペーンを事前にしていた、という話。もっとも当時 USA はほとんどミシシッピ以東だけだし、南部にグラントの本が売れるはずはないから、全米といってもごく狭い範囲ではあったろう。とはいえ、鉄道はあったにしても、交通手段も限られたわけで、トウェインの努力は今の大出版社がくり広げるプロモーションよりも、手間暇がかかったものだったかもしれない。

 LOA版は回想録に加えて、手紙も入っている。LOA はそれとは別に夫人宛の書簡をまとめて1冊にして出している。夫人からの返信はまったく残っていないそうな。おそらく本人が処分したのではないか。回想録がベストセラーになった後、夫人はこのグラントの自分宛の書簡も集めて1冊にすることをトウェインに提案し、トウェインも乗り気だったが、トウェインとグラント家の関係が別のことで冷えたためにそれっきりになった。これなら電子版でもいいか。


 

 国会図書館で調べると、グラント関係は以下の書物がヒットする。グラント夫妻は1879=明治12年に国賓として来日した。没年は1885=明治18年。この中で回想録邦訳の可能性があるのは『自著克蘭徳一代記』と『米国偉観』。岩神本はページ数からして抄訳だろう。大阪外蘓渊颪里發里鷲読本か。古すぎて、版元のサイトでも出てこない。国会図書館も普通に使えるようになったら、一度確認してみるか。

北米聯邦前大統領藕蘭土氏成績記; 太田実 著, 瀬谷正二 抄訳, 東京: 鳴門堂, 明12.5, 26p ; 19cm
米国前大統領哥蘭的公伝; 山田享次 著, 岸田吟香 閲, 東京: 学農社, 明12.6, 41p 図版 ; 19cm
グランド公略伝; 豊島左十郎 編, 大阪: 北島禹三郎, 明12.7, 12p ; 17cm
米国前大統領虞蘭将軍全伝, 岩神正矣 著, 東京: 九春堂, 明19.4, 142p ; 19cm
米国偉観; グラント 著, 青木匡, 島田三郎 訳, 東京: 輿論社, 明19,20, 4冊 (合本2冊) ; 22cm
                                青木, 匡, 1856- 
                                島田, 三郎, 1852-1923
自著克蘭徳一代記: 一名・南北戦争記; グラント 著, 山本正脩 訳, 奥井清風 校, 東京: 精文堂, 明19,21, 2冊 (5巻合本版) ; 19cm
米国前大統領格蘭土将軍小伝; 石山敬太郎 (嫩葉) 著, 東京: 石山敬太郎, 明25.2, 7p ; 19cm
虞蘭得将軍; 布施謙太郎 著, 宮川春汀 画, 世界歴史譚 ; 第27編, 東京: 博文館, 1901.9, 116p ; 23cm
                                布施, 謙太郎, -1914
                                宮川, 春汀, 1873-1914
回想記, Ulysses S.Grant 原作, 大井浩二 編注, 大阪: 大阪教育図書, 1989.4, 76p ; 22cm

 ついでに Ron Chernow の Grant も注文。グラントの最新の伝記の1冊で、評価の高いもの。

Grant (English Edition)
Chernow, Ron
Head of Zeus
2017-11-02






 グラントは主な伝記だけで十数冊は下らず、どれにしようか手をつけかねていたが、これはちょうど良さそうだ。Chernow はワシントンとハミルトン、それにワールブルグ=ウォーバーグ家の伝記も書いていて、いずれもベストセラーかつ専門家の評価も高い。

 一族の一人、アビ・ワールブルグの伝記は読んだはずだが、ほとんどまったく記憶に残っていない。弟の銀行家に、跡継ぎを讓る代わりに本を買う金は無条件で出すという約束をさせて古書を買い漁り、膨大な蔵書の私立図書館を作る。この図書館は後、ロンドンに移って Warburg Institute となる。その蔵書の大半が大英図書館にも無いものだった。美術史家としての業績は別として、その話だけ、覚えている。ウォーバーグのバーグは burg で、Warburg はドイツで本拠を置いた都市の名前。ユダヤ系によくある berg では無い。

 グラントは戦争について実に醒めた見方をしていて、大統領にもなったが、シャーマンは三度の飯より戦の好きな生粋の軍人、ということか。もっとも政治に関わることを拒否したそうだから、自分の器はわかっていたのだろう。それにしても、南北戦争に対するアメリカ人の関心は、傍から見ると常軌を逸していると見えるところもあるが、わが国のこの無関心もなかなか面白い。まあ、南北戦争が戦われていた頃、わが国では幕末の騒動が最高潮に達していたということもあるのかもしれないが、それにしてもね。

 シェルビィ・フットの本とグラントのこの伝記、それにグラントとシャーマン、各々の回想録を読めば、まず南北戦争について一通りは押えられるだろう。いかに複雑で、わかりにくいものかということぐらいはわかるだろう。ロバート・E・リーにも回想録があるなあ。伝記も読んでみたいが、さて、どれがいいのか。奴隷制に反対しながら、奴隷制擁護のために戦ったわけで、南部では神格化されてるようだが、この人も一筋縄ではいかない。


 

Ulysses S. Grant, 1822-1885
William Techmuseh Sherman, 1820-1891
Robert E. Lee, 1807-1870

 グラントとリーは同じく63歳で死んでいる。ふうむ、ヘンリー・ソローは南北戦争の最中に死んでるのか。(ゆ)

このページのトップヘ